不動産会社は地元に根付いている地域密着型が一番安心できます

家を決める夫婦

賃貸物件探しで不動産会社に確認すること

大きな家

自分が進学や就職、転勤などで賃貸物件を探す際に、不動産会社に確認した方が良いことを以下に挙げていくことにします。
①家賃や間取りなどの基礎情報。実際に生活することを想定して、家賃や間取りなどの基礎情報を確認することが大切です。まずは、家賃や入居時にかかる初期費用の見積もりを取り、加えて実際に物件を内覧することも大切になります。この際の、不動産会社のスタッフの説明の分かりやすさや、接遇の善し悪しもチェックポイントになります。
②傷やヒビ割れなどの確認。入居前に、明らかな傷やヒビ割れなどがないか十分に確認することが望ましいと考えられます。万が一傷やヒビ割れなどがあった場合には、入居前のものであることを確かに確認するようにしましょう。
③周辺環境。どうしても物件内部にばかり目がいって、物件の周辺環境まで情報を集めないことがあります。医療、教育、行政などの機関や、スーパーや薬局などが周辺にどの位揃っているのか、事前に確認することが大切になります。
これらのような点を念頭に置きながら、不動産会社とうまく連携をし、賃貸物件探しをしていくことが大切になります。希望の賃貸物件で、それぞれが思い描いた暮らしを実現することが大切です。

おすすめの記事

TOP