不動産会社は地元に根付いている地域密着型が一番安心できます

家を決める夫婦

賃貸物件探しと不動産会社

シンプルな家

賃貸物件探しをするときに、自分で探すのではなく不動産会社をうまく利用する方法があります。賃貸物件を決定するためには妥協する点が多いかもしれませんが、自分自身で探すよりも早く見つかります。
不動産会社には、まず外せない条件を伝えます。お風呂の追い炊き機能がほしい、住みたい地域がある、築年数が短いほうがいい、マンションの最上階がいいなどです。
外せない条件にぴったりな賃貸物件探しは、必ず見つかるとは限りません。しかし、担当が決まると納得のいくまで話し合いをすることで、より条件に合った物件を探してくれます。気に入った賃貸物件がない場合には、はっきりと伝えてもう一度探し直しをしてもらいます。
不動産会社に賃貸物件探しを頼む場合には、注意しなければならないことがあります。賃貸物件を紹介してくれる中で、条件に合った物件だけでなく、不動産会社が勧めてくる物件も含まれています。訳あり物件である場合があります。前に住んでいた人が何らかの事故を起こしていることもあります。賃貸物件は、原状回復をするので、壁紙や畳の表替え、フローリングの修理などを行っているので見た目にはわかりません。
私は、賃貸物件探しの時に何かの液体で汚くなった畳を見せられたことがあります。血が黒くなったような色に見えました。この物件に決めてくれたら、特別に割引をするからと言って勧められたことがあります。こんな勧め方もあるのだと知りました。

おすすめの記事

TOP