不動産会社は地元に根付いている地域密着型が一番安心できます

家を決める夫婦

身近な個人の不動産会社を利用しましょう!

おもちゃの家

私は山梨県の現在の田舎に住んでかれこれ20年になります。当時持家を初めて購入する際、最寄りの個人経営の不動産会社にターゲットを絞って相談しました。
本などでは新しく不動産会社と取引する場合、知事免許の更新回数などを参考にしてそれが多いほど安心だとか、最近はインターネットで検索したり、あるいは大手のチェーン店が安心等々さまざまな判断基準があろうかとは思いますが、私の場合はこの地域に住む人たちの頻繁な移住が少ない特性に鑑み、最寄りの個人経営の不動産会社に近い物件であれば、ヘンなものは売らないだろうし(逃げも隠れもできない)、将来万一この購入した家の売却等が必要になった際にも、その物件に精通しているので何かと有利だろうとの推測に基づいた判断でした。
さらに社長自らが担当することになるので、まずは彼に手土産などを持参して自分の印象を良くし、長い付き合いになることなどをほのめかしながら信頼を築いたうえでの取引に持って行きました。田舎の不動産会社は業者同士あるいは司法書士などのつながりが濃いので関連する手続きは彼らとつながっている人たちに委託せざるを得ない事情はあるものの、今思うに田舎の個人経営の不動産会社を選択したのは正解でした。これからもホームドクターの感覚で不動産全般を相談する相手として付き合い続けていくつもりです。

おすすめの記事

TOP